toggle
2016-08-20

やりたいことをどう見つけるか?

こんにちは、Akikoです。

先日NPO法人である「育て上げネット」さんにお伺いし
セミナーを行ってきました。

セミナーの目的は「みんなで就職する!」ということ。

内容としては就職活動を進めていく際に
必要となる要素を何回かに分けてお伝えしています。

そこで話題に上がったこと。

「やりたいことって何だろう?」

ということです。

私は「やりたいこと」の見つけ方は大きく二つあると思っています。

「やりたいこと」が始めからある場合と、
「やってみて好きになる(やりたいことになる)」場合です。

若い人の多くはやりたいことが定まっていないので、
就職先を探すときに「やりたいこと」を中心に考えてしまうと
活動が止まってしまいます。

ですので、やってみて好きになる可能性を含めて
「まずは動く」ことが大切だと私は話しをします。

でもやってみて「やりたいこと」に気づく場合にも
意識をすることは大切。
漫然と仕事をしていては見つかりません。

では、「やりたいこと」はどうやったら見つかるか?

私自身、会社を退職して「やりたいこと探し」の時期がありました。
その時出会ったのが、

「世の中で解決したい問題は何か?」

という視点で考えるということです。

今まで「何がやりたいか」「何が好きか」

という視点しかもっていなかった私は衝撃を受けたんです。

でも良く考えてみたら当然のこと。
気づいていなかった自分が恥ずかしい・・・。

そこで、次に必要だと思うのが、問題意識を持つこと。

問題意識がないと「解決したい問題」にも出会いません。

昔から多くの起業家は海外に出ることで、
新しいサービスに出会い、それを日本に持ち込んで事業化する、
というパターンが多かったように思います。

日本を出て客観的に日本や日本人を見ることで、
気づかなかった問題や課題に気づくからなのだと思います。

たくさんの問題意識を持てば、
「その問題を何とかしたい」という「テーマ」が
一つは見つかるはず。

それがゆくゆく「やりたいこと」につながっていくのだと思います。
そのテーマとやりたいことは、
必ずしも仕事と直結している必要はないんです。
なぜなら、回り道してもぶれない気持があればいつかは到達できるから。

だからこそ、世の中の出来事に興味を持ち、
問題を探すくらいの気持ちで生活すると
「やりたいことに一歩近づく」と私は思います。


関連記事