toggle
2016-09-01

企業でもフリーでもさらりと生き残りHAPPYな人になる!~Part1~

こんにちは、Akikoです。

今日は、木曜日。木曜日と言えば???
私のお休み(NPOのお仕事が!)DAYです!
と自分だけテンション高いですが、こんな日だからこそ、
思う存分ブログが書ける、ということで、今日はガンガン上げていきます。
みなさん、木曜日はねらい目ですよ!(なにが?)

さて、気を取り直してまじめな話。
結構前になるのですが、とっても勉強になってセミナーがあったので、ご紹介。

「企業内で働きながら生き抜く人のキャリア開発術」

組織で働く人向けのものですが、
フリーでも起業家でも大切なことは同じかなと。
是非、これから社会に出る学生や20代の方には参考にしていただきたい。
30代でももちろん、参考にはなりますよ!

前半はプロノバの岡島悦子さんの講演、
後半はリクルートの花形さん(実は以前の私の上司!)との
トークセッションでした!
いずれも本当にたくさんのエッセンスをいただいたので、
ここで少し紹介したいと思います。

今までは企業が仕事を与えてくれ、
なんとなくその波にのっていれば年功序列で
誰もがやっていけた時代。

そんな時代には、
言われたことを忠実にやりきる人が昇進できた。

しかしこれから生き残れる人は、

課題を見つけ出し、
自ら動き稼ぐことができる人。

簡単になれるものではないが、生き残るには
変化に対応し続けなければいけない

そして、代替不可能な人材となる!!!必要があります!

と一言で言われても難しいですよね~。
でもきちんとどうやって代替不可能になるか、
まで教えてくださいました。

まず、

資質・意欲・経験や実績

が必ず必要だということ。

よくありがちなことは、
女性は女性特有の強みを強化することに夢中で、
意外と資質・意欲・経験や実績を
おろそかにしがちだということ。

例えば、女性はコミュニケーション力が比較的男性に比べて高い、
そして男性よりも雰囲気が柔らかいなど、
特有の強みがあります。
それを活かした職業をスタートしがちなのですが、
ベースには、実績や経験がないと生き抜く力ではないということ。

なので、経験を積んでいく中で自分の希少性を築き上げ、
それを元にオンリーワンになっていくということ。

そして、当り前ですがやっぱり愕然としたことは、

現実問題、出産を機に仕事の仕方を変える
必要があるということ。
なので、男性よりも前倒しで経験を積んでいかなければならないということ

岡島さんは、

「28歳~32歳でコアとなる経験を積む必要があるのでは?」とおっしゃっていました。
30代後半は出産しようと思っても確率的に厳しい、
だとすれば早めに実績を作って出産を迎えて
復帰できるようにすることが望ましい、とおっしゃっていました。

分かってはいたけどやっぱりそうか。
しかも、今は数年先も見えないような世の中、
生き残るための道は険しい!

「コアの経験を早めに積む」

これって会社員でもフリーでも起業でも、何かを仕事で実現しようと思ったら、
とても大切なこと。
実績がない人に人はついてこない。
それを積めるのは20代後半~30代前半。
出産がその後続くことを考えれば当然ですね。
私の現状みても、一気に使える時間が激減します。
確実に自己投資できる時間が減ります。がむしゃらに働ける時間も。

私で言うと、「キャリアカウンセリング・就活支援」「営業」がコアですね。

29歳~33歳でこの経験を全部積んでいます!

これからこの年齢にさしかかる方は特に、
自分のコアをぜひ見つけて下さいね!
でも、わからないままがむしゃらに走っていても、
結果的に身に付いていることが多いのであまり悩まずに!

私も、そうでした♪


関連記事