toggle
2016-09-08

フィンランドの幸せな子育て♪

先ほど子どもの最貧国・日本について書きましたが、
ここで登場するのがフィンランドの子育てについて♪

フィンランドの平均世帯年収は600万円~700万円程度。
ほぼ共働きなので、一定の水準を超えていますね!
すごーく給与の良い企業もなければ、給与低い企業もないという、
格差も大してないところが驚きですね。
ほとんどが共働きなので、そんなに子どもの貧困に陥らないのかと思いきや、
シングルマザーファザーでも働きづめという状況にはならないところが、
最大の特徴かなと思ってます。

そもそも残業をする人が極端に少なく、
残業しても賃金は支払われるため、
日本でいう「ブラック企業」のようなものも存在しないです。

そして、やっぱり素晴らしいのは、勤務時間!
9:00や10:00から16:00、17:00が基本。
もちろん、飲食店で働く方たちは夜シフトもありますが、
それでも、平均労働時間は7時間/日程度が普通。
私が出会った人たちは、だいたい16:00には仕事を終えて、
夏は日も長いので、アフターワークに友人とお茶をしたり、
ショッピングを楽しんだり・・・♪

ワーキングマザーファザーも帰宅時間が早いので、
子どもとの時間もたっぷり取れます!
ホームスティ先のファミリーも16:00頃には子ども含め全員がおうちにいて、
毎日夕食を一緒にとっていました。

親と一緒の時間が長ければ、年収に関わらず、
子どもはたっぷりと親の愛情を受けられ、心も安定しますね。

このブログを立ち上げたときの思いにつながりますが、
「お母さんがHappy♪なら子どももHappy♪」
は本当に実感値としても正しいな~と。

さて、今日は娘とどう過ごそうか、ワクワクしてきました!


関連記事