toggle
2012-12-14

フィンランド学校レポート(高校編 授業)

こんばんは!

今日は小学校にも見学に行ってきました。
高校とは当たり前ですが全然違った雰囲気で
また楽しめました。
詳しくは後日レぽします。

今日は高校の続き・・・・

ランチ後の哲学と美術の授業についてです。

まずは哲学です。

フィンランドでは8月に学校が始まり、
通常はピリオド(1ヶ月半)ごとに
授業を組みかえることになっていて、
今回の哲学はピリオドで変わったばかりの
授業だったので2回目でした。

先生がまあ生徒の名前を覚えていないので
出欠を取っていて(必修授業のため)
まだ馴染めていない様子でスタート。

そして、ロシア語のクラスとは机の形が全く異なり、
三角形の机で、いくつもつなげられるような形を
していました。

finland_07

哲学ではディベートが多いのでこのような机の教室だそうです。
それにしても面白い。

内容はソクラテスに始まり聞いたことのあるような
名前がたくさん出てきました。

途中でペーパーが配られ中には論理的な矛盾を
問うような課題が10個くらい掲載されていて
周囲のクラスメートと話し合いを行っていました。

ここも議論は活発な印象。

そして、次の授業は美術です。

美術室へ移動~。

finland_08

アート系の学校だったので写真スタジオもありました。

今日はデッサンの続きで皆思い思いに
描いています。
美術の風景は結構日本と近いのかなと思います。

そして、実は私も混ぜていただくことに。
さすがにデッサンはできないので
粘土で「動物の一部」を製作。

ウサギの頭と猫の手です(汗。1時間程度で作りました!
童心に帰ったようでとても楽しかったです。

finland_11

今回の見学を通じて感じたことは、
非常に先生が優しくオープンに接してくれることです。
日本から来た良く分からない人をここまで
受け入れてくれるところも少ないのではないかと思います。

ホームスティ先の子がコーディネートを
してくれて本当に助かりました。

もっと他にも書きたいことはあるのですが、
またの機会にしたいと思います!


関連記事