toggle
2012-12-12

フィンランド学校レポート(高校編②)

こんにちは!

フィンランド学校レポートの続きです。

今回は授業の様子などを書いていきますね。

私が見学させてもらったのは、
高校1年生のロシア語・哲学・美術の3クラスです。

※高校の建物の中。新しいのでとても綺麗でした。

finland_09

まずロシア語ですが・・・
内容はもちろんさっぱり分かりません(笑、
ですが様子については結構分かりました。

クラスは19名の生徒に先生が一人。

時間になると先生が教室にきて授業が始まります。
生徒は時間に間に合えばいつ来ても良いので
バラバラに集まってきます。

そして授業開始。
2,3分遅れて生徒が入ってきましたが、
特に先生は注意もせずに授業を進めていきます。

内容は日本の高校で英語を習うのと
そこまで変わらず、プリントを配って問題を解いたり
リスニングをして発音を真似たりしています。

ただ一点圧倒的に違ったことは、

先生と生徒のやりとりが多い

ということ。

先生は随時質問をしていき
生徒がそれに答えるのはもちろんのこと、
生徒が自発的に質問したり意見をしたりすることも
自然に行われています。

私が参加した授業では途中で生徒が先生に
「もっとリスニングやスピーキングの内容を増やしてほしい」
という趣旨のことを伝えており、
先生もそれを受けて「そうしましょう!」という感じで
やり方を見直していきます。

先生と生徒の立場が対等なことがうかがえますね。

そして、授業中の私語が殆どなく
皆集中して授業を受けていることも印象に残りました。
多少隣りの友人と小声で話して笑ったりしている生徒は
いましたが、気になるほどではありません。

高校は義務教育ではなく
行きたい高校を選んで通っているため、
授業への集中度も高いのかなと思います。

さてさて、次回は哲学&美術の授業について
書いていきます!


関連記事