toggle
2017-01-12

人の評価が気にならなくなる時。(私は私)

こんにちは!ライフキャリカウンセラーの加藤晶子です。

年明け以降、東京はお天気のいい日が続いて、
とっても気持ちよく過ごしています。
こういう日は、仕事のやる気も自然と上がりますね^^

さて、今日は「人の評価が気にならなくなる時」について。

私、小学校の4年生くらいまでは超自由奔放に過ごしていたと思いうのですが、
中学受験を決めたころから、他人(親含めて)の評価をすごーく気にする子になっていました。

物事には必ず「正解」「不正解」があると思っていましたし、
テストの点数や順位で一喜一憂したり、親や先生に褒められたい一心で勉強していたり・・・。
それが社会人になるまで続いてしまい、
仕事のスタイルも「求められるもの」に忠実に合わせる癖がついてしまっていたのです。

人に合わせようとすると、誰かが評価してくれないと安心できないことになります。

そして、

自分のやっていることはいつも不安。

誰かに大丈夫って言ってもらえないと前に進めない。

そんな自分を嫌だと思っていましたが、
どうやってら思考パターンを変えられるのか分からず、
すごく悩んでいました。

でも、最近やっと長いトンネルから抜け出せました。

それは、自分が本当にやりたいことを見つけたから。

誰になんと言われようとやりたい。

だから、誰が何と言っていても気にならないんです^^

もちろん、応援してもらいたいし、共感してくれる人が増えてほしい。

でも批判されてもそれはそれ。
批判した方の考えなので、否定もしないし傷つきもしません。

私は私

そう思えた時、自分は無敵!と腹落ちしました♪


関連記事