toggle
2017-05-10

常識の外に身を置いてみる。

こんにちは、加藤晶子です。

ゴールデンウィークは、両親とイタリアに行きました。
家族との時間を大事にしたいと思っていた時に、
誘ってもらった旅行。
こんな時に自由に時間を使えるのも
フリーランスならではだなと、開放感をかみしめてます。
そしてセキュリティの関係か、ブログの更新ができず、
間が空いてしまいました。。。^^;

イタリアには実に15年ぶりの訪問。
今回初めてアマルフィに来ました!
映画で有名になるまでよく知らなかった都市ですが、
本当にステキな風景!!!
海の青さが違いますよね。

私は旅行が趣味で、
今までも20ヶ国は旅していますが、
どこでも感じることは、もっと自由でいいのだということ。

どこの国の人も、日本と比べると、
何かに縛られている感じは少なく、
自由気ままに生きている印象があります。

イタリアの人は陽気で気さくです。
あと、細かいことも気にしていなさそうです。
レストランで同じものを注文しても、
料理の量はバラバラ(ノ_<)

美術館や大聖堂などの観光地で長い行列があっても、
待ち時間に関係なく、きまぐれに人を入れたり止めたり・・・^^;
もはやルールはなく気分次第って感じです。

失業していてもあまり気にしていないのは、
どうかとも思うけど、笑、少なくともストレスは少なそう!

一方で感じるのは日本人の律儀さ。
時間には遅れないし、順番はきちんと待つし、
礼儀正しくもあります。

それはとても良い習慣だと感じる反面、
どこか窮屈さを感じる自分もいます。

海外に来るといつも感じる開放感。
それは「~するべき」という日本の常識の外に
身を置いてるからだろうなー、と思います。

日本にいてもいわゆら常識に縛らずにいられたら、
それが私の自然体。

そんな自分でいたいなと思います^_^


関連記事